ホーム > 入れ歯

入れ歯

義歯(入れ歯)について

歯周病やムシ歯によって歯を失った場合、その部位には速やかに歯の代わりになるものを補わなくてはなりません。失ったままにしておいた場合どうなるでしょう。まず、歯のない部位では咬むことが出来ないため、バランスの悪い咬み方が癖になります。

その結果、アゴを取り囲む筋肉の使われ方のバランスも悪くなり、顎関節症になったり顔が歪んでしまったりといった経過をたどることも決して珍しくありません。

残っている歯の状態やアゴの骨の状態によっては、ブリッジやインプラントの様な固定性の装置を使うことが難しい場合があり、その場合には着脱式の義歯を使っていただくことが必要となります。
義歯(入れ歯)について
 

入れ歯には保険適応と保険適応外のものがあります。

保険で製作するレジン(樹脂)の入れ歯は欧米において治療の前などに一時的に使用する仮の入れ歯として位置づけられています。
 
欧米で長期に使用する入れ歯に使われる金属床(金属製)の入れ歯は日本の保険では作れません。
残念ながらその差はかなり大きく、今まで入れ歯でお悩みになられていた方は一度理想的に設計された自費の入れ歯を使ってみるとかなり楽になることが多いです。
保険 自由診療
素材(歯ぐき部分) 決められている (レジンプラスチック) ・自由に選べる、使える素材が多い
・好み、機能によって使い分け可能
人工歯 プラスチック プラスチックの他に、セラミック、金属などが選べる
製作工程 印象(型取り)1回 特殊器具等使わない ・精密な印象(型取り)
・精度を上げるための器具を使用
・お顔に合わせた設計ができる
・筋肉を再現
審美性 不自然な感じ 自然な色に合わせられる
調整 痛いところなどの調整が多い 精度が高くなるため調整が少なくて済む

保険の入れ歯

保険の入れ歯では、入れ歯を支えるために「クラスプ」という金属のバネを歯に引っ掛ける必要があります。
そのため見た目が悪くなってしまいますが、保険ではこのタイプの部分入れ歯しか作ることが出来ません。

ものを噛む能力(咀嚼能率)は、天然の歯の約20~30%程度です。
ただ、殆どの症例で利用でき、非常に安価なのがメリットです。
保険の入れ歯
 

メンテナンスに関して

調整
装着直後は入れ歯が強く当たって痛みが出たり、噛み合わせがうまくいかない、ゆるくて外れてしまう、しゃべりにくいなどの問題が起こることもあります。そういった部分を調整して快適に入れ歯を使えるようにするためには、通常数回の調整が必要になります。調整においでにならなかったり、自分で治そうとしたりすることは、トラブルのもとになります。
メンテナンスに関して
 
入れ歯の取り外し
入れ歯を入れてすぐは、装着や取り外しがスムーズにできないかもしれません。無理な力を加えたり乱暴な扱いをすると変形破損して使えなくなってしまいます。慣れるまで慎重に取り外しをしてください。入れ歯を壊さないように気をつけましょう歯に合わないからと言って自分で調整することはやめましょう。入れ歯はかみ合わせや、他の歯にあわせて作られています。いたみが治まるからと言って自分で曲げたり削ったりすると健康な歯に無理な負担をかけることになります。取り扱いに注意しましょう。
入れ歯は清潔に
入れ歯は毎食後はずして、必ず洗って下さい。寝る時に入れ歯を外す場合は、洗浄剤などを使って、ていねいに洗ってケースなどに入れて保管して下さい。
 
アクセス

■住所
〒812-0039
福岡市博多区冷泉町1-8
うわさビル2F

■最寄駅
地下鉄空港線祇園駅 徒歩1分

■受付時間
平日/朝10:00~夜10:00
土曜/朝10:00~夕方6:00

■休診日
日曜・祝祭日
詳しくはこちら