ホーム > 歯内療法

根管治療

根管治療とは

◆現在、根っこの治療あるいは神経をとりますねと言われた患者さん。
 根管は人によって違う形状をしており、非常に細く曲がったりしています。この部分を清掃する為には時間と手間と集中力を費やします。何度も通わなければい けない・痛みが治まったのでと、途中で治 療を止めてしまわれると、再度先端が化膿したり最悪な場合歯を抜かなくてはならなくなったりします。
根管治療
 
ご自身の歯を守っていくためにも、ご理解とご協力、 そして患者さん自身のがんばりをお願い致します。

根管治療の流れ

根管治療の流れ
虫歯が神経まで進んだり根の先に膿を持ってしまった場合には根管治療が必要になります。
 
根管治療の流れ
まず、麻酔を使って歯の神経を取ります。歯の神経を取った後に根の長さを測る。(歯内療法の成否を握る重要な処置であるがなかなか難しい作業。)
根管治療の流れ 歯の神経を取った部分を広げて清掃と消毒を行う。
根管治療の流れ 根の中に薬を入れ消毒を数回繰り返す。
 
根管治療の流れ
歯の神経を取った後を薬剤等で密封し、虫歯の部分をすべて取り除いた後、金属の土台を立てるため型取りをする。
根管治療の流れ 歯を補強するために金属の土台を入れる。その後冠をかぶせるため、歯を削り型取りをする。
根管治療の流れ 冠をかぶせる。
 
根管治療の流れ
虫歯が神経まで進んだり根の先に膿を持ってしまった場合には根管治療が必要になります。
 
根管治療の流れ
 
根管治療の流れ
まず、麻酔を使って歯の神経を取ります。歯の神経を取った後に根の長さを測る。(歯内療法の成否を握る重要な処置であるがなかなか難しい作業。)
 
根管治療の流れ
 
根管治療の流れ
歯の神経を取った部分を広げて清掃と消毒を行う。
 
根管治療の流れ
 
根管治療の流れ
根の中に薬を入れ消毒を数回繰り返す。
 
根管治療の流れ
 
根管治療の流れ
歯の神経を取った後を薬剤等で密封し、虫歯の部分をすべて取り除いた後、金属の土台を立てるため型取りをする。
 
根管治療の流れ
 
根管治療の流れ
歯を補強するために金属の土台を入れる。その後冠をかぶせるため、歯を削り型取りをする。
 
根管治療の流れ
 
根管治療の流れ
冠をかぶせる。
 

むし歯の進行

◆歯の表面に白斑となって現れ進行するにつれて黒ずんでいく。奥歯では溝に沿って白いスジ状にもなる。自覚症状はない。
    ↓
<治療内容>
むし歯の部分を取り除いた後、神経を残し
たまま白い詰め物をする。回数は1回で済みます。
むし歯の進行
 
 
◆ 象牙質まで進行。最初は冷たい物がしみるが、やがて熱い物でもしみだす。
    ↓
<治療内容>
むし歯を取り除いた後型をとり、金属の詰め物をする。(奥歯)
これも神経を残したままの治療ですが、回数は2回かかります。
金属を詰めるのが、気になる場合は保険外ではありますが、白い詰め物にすることもできます。
むし歯の進行
 
 
◆歯髄まで進行。歯髄が炎症を起こし、神経を圧迫するのでズキズキ痛む。時には歯肉や頬がはれることがある。
    ↓
<治療内容>
神経までむし歯が進んでしまうと神経を取り、根っこの中の治療が必要になります。
根っこの治療が終わった後、歯を補強するために土台を作り更にその上から冠をかぶせていくようになります。
この治療に入ると回数が約5~6回はかかります。
むし歯の進行
 
 
◆歯冠部が欠損。歯髄組織も死んで痛みはなくなる
    ↓
<治療内容>
何とか歯が残せそうな場合は、C3の時と同じ様な治療を行いますが、むし歯が奥深くまで進んでいる場合は、歯を抜かなくてはなりません。
その後、歯茎の治癒を待って、歯を補うためにブリッジや義歯・インプラント等の治療が必要になります。
むし歯の進行
 
 
アクセス

■住所
〒812-0039
福岡市博多区冷泉町1-8
うわさビル2F

■最寄駅
地下鉄空港線祇園駅 徒歩1分

■受付時間
平日/朝10:00~夜10:00
土曜/朝10:00~夕方6:00

■休診日
日曜・祝祭日
詳しくはこちら